今日のお話は都市部からみる陰謀とは全く違うけれども、ある意味更に身近にこんなふうに彼らが野生を怖し、果ては人類家畜化に向けてたった一つの方向に地球を支配して行くのかを見事に感じたnewsでしたので、皆様にご報告しておきます。

このような事は、山形を本拠地にする前の、伊豆でも三島駅を周辺に起きていましたから驚きはしませんが、いよいよ限界集落にもそんなエグさが見事に始まったように感じました。

そのスピードの早さ、観光地で一時期成功した伊豆からいよいよ東北限界集落においても、彼らがニューワールドオーダーに向けて、更に日本をその中心にするように仕向けて行く様々を、東京オリンピックやらTPPなどなどの大きな事件を通さなくても、みえだしていることは相当にイルミナティ側も急いでいるのだと感じます。

RAPTさんの最近のblogでの、世界ハイウェイ計画の進行度合い速さ、遂に東京オリンピックの経済効果を、エグさの代表バソナの竹中平蔵をスピーカーにして、公表し始めたのをみるにつけ、この限界集落でおき始めた様々は、まさに都市部と田舎両面で同時進行でニューワールドオーダー完成への秒読みが、現実化していることを実感しないわけには行きません。

しかし全てを、地球に済む当たり前な住人としての感性=宗教ではないイエス意識や釈迦意識で捉えるならば、そして庶民がその地球の子供として生き始めるならば、今こそ地球をこのナガーイ家畜化政策の闇から解放出来るのだと感じる事も、現実なのです。



さて、伊豆の頃には、まさに三島駅周辺に、流行らないのに潰れないチャイニーズの飲食店や風俗店がドンドンでき始め、と同時にその頃には、女好きな男の名前て様々な水源地があれよあれよという間に買い占められて行きました。

ですから、法律で海外の工作員が、買えなくしてもドンドン買われているのです。

都市部では、デカイ様々な陰謀で現れますが、田舎それも限界集落では如何にも個人的な素振りから始まり、気付いたら大変な事になるのです。

山形の水源地で起きてる内容です。

まずは、突然大間伐が始まりました。

当初は、水源地のはるか下でしたが、その時から水質即ち味がエネルギーが少し落ちました。

それぐらい重機で山に入ると、伏流水と言えどもエネルギー値が落ちました。

これも凄く勉強になりましたが、まだまだ皆様にお送り出来るレベルでしたが、心あるサポーターさんから山で異変を感じる程に、水が劣化していると。

僕らの活動は、本当にここに一年住むぐらいで、どれだけの様々なプレッシャーの中でやっているかをわかって頂けるのですが、残念な事に、イヤシロチ化で電磁波の乱れを取ると、楢ガレが少なくなって来たとか、アートテン化でケムトレイルの影響が無くなったとかは、毎日毎日山に入り見続けて判るのですが、僕らが例えばリニアコライダー計画が地球を壊さない為にこの電磁波層を元に戻す為に、多い時は三日で三千四百キロ一人で運転して、様々な動きをした結果、イヤシロチ化の商品も日本中に進めなくてはと新たな分野にがんばり、それを気軽にTシャツ買うことで出来ないかと奔走しても、アラエビスさんは骨格が崩れて来たと、期待されてる事は解りますが、家族どうしでもなかなか信じるが難しかいなかで、今の一部の現象から勝手に判断されてしまう、サポーターさんも沢山おられます。

しかし、我々はこれにも負ける事なく、命の源を守る活動をしていきますが、そんな誹謗中傷は地元に張り付いて来た方々で快く水を汲ませて頂いている方々には、一番怒られる材料なんです。

ましてや、やっとこハイブリットウルフの効果やイヤシロチ化やアートテン化が、そして庶民にこのムーブメントを広げるアートなアバレルやイベントなど、全部揃ってお山が回復し維持できるとの全体思考力を理解して欲しいとまでは思いませんが、ならば信じ続ける事だけは、普段からイエス意識とかブッタ意識と言われているのですから、その気持ちを維持する事は、自分に自分が課して行く事です。

僕は、ここで四年都会意識を持ち込んでと、誤解されながら無視されながら、やっとこ最近信用されましたが、僕が彼ら地元の方々も必ず理解出来る日が来ると信じ続けたからです。

ですから、イルミナティに対するこの大活動どうか、何年も思考して実践してここまで来たわけですから、そして更にまだまだ仕掛けないと山を持続する事は出来ませんから、ただただ信じ続けて下さい

そして陰口を叩いたり、一方向的なメールでガッカリしたなどではなく、地球の未来がかかっているのですから沢山直接セッションするように、最低でもお電話下さいませ。

だから、今後は本気でこの地球を、どうにかしたいと、分からない疑問はセッションし続けて、遠い所からも学び続けたいに至りたいと思われないかたには、伏流水の活動は安易に広げない方向に、来年からいかないとお山が可愛そうでならないのです。

さて、黒伏山にもどりますが、更なる上で大規模間伐が始まり、これは何かただ事ではないと感じました。

それは、果たして間伐だけかです。

そう思わないわけにはいかない事がうちの前でおき始まったのです。

先ずはS建設という除雪で儲かってる建設会社の社長に、地元の部落の人気取り大好き叔父さんが、自分の得になるからと妾の別荘探していた社長に、うちの斜め前横の土地を紹介。

浮気相手の逢い引き場所には、限界集落がピッタリ。

その話つける見返しに、様々な場所に無償で、ユンボを入れてしまう。

しかし、伏流水で豆腐作る方々もいて、皆以上に水の道を心配。


さてここまでならば、たかだか犬猿の中で終わりでしたが、何とこの妾は、韓国人。

別荘出来たら、親戚一同限界集落に暮らさせるもあり。

もしかしたら、水源地目当ての為に、弱み握って工作員家族に住ませて限界集落に住み着き、裏では山の奥も???。

灯台もと暗し!

伊豆の様々な出来事は、まさにその灯台もと暗しという油断が、イルミナティに七割も入りやすい水源地が買われた現実。

僕らは、更に奥山にある違う山の水源地に変更。

ここは、エグイ奴等が狙いようもない場所。

これからも、工作員らしき妾に、要注意です。

この茶番劇は、続けて実況中継致しますね。