さよなら絶望先生(17) (少年マガジンコミックス)
(表紙は可符香嬢。ピンクの袴姿が鮮やかでいいですな)

さよなら絶望先生 第17集(少年マガジンコミックス)
作者: 久米田康治

相変わらずのネタの濃さ。毎週、これをやっているのかと思うと頭が下がります。

いろいろ

酉の市では、値切った分ご祝儀を上げるんですね。この本で初めて知りましたよ。


私はメガネ好きなので、普段眼鏡をかけていない人が眼鏡をかけたりすると
スイッチが入ります。


幼少の頃の木津千里さんが一人で双六している漫画には、ほろっときました。


裏表紙の根津美子さん。持っているのは洗剤・・・?深読みはやめておきます。